平治岳

先週行く予定だった登山が雨で流れたものの、今が見ごろのミヤマキリシマはどうしても見たい。
夕方から用事があったが、それまでには帰るつもりで家を出た。

6時45分、吉部登山口にある300円の駐車場はほぼ満車。
e0134989_1744722.jpg


隣の1,000円の駐車場はまだ余裕があった。
e0134989_1754761.jpg


7時にスタート。坊がツル経由で行きたくこちらのルートを選択。
e0134989_1710271.jpg


e0134989_17105613.jpg


e0134989_17114413.jpg

荒れた急登を20分ほど登ると等高線沿いのなだらかなルートになる。

更に30分ほど歩いて間もなく林道に合流するかなと思った頃、前方から熊鈴の音。
自分もリュックに熊鈴をつけているが、登山者の中では少数派だ。
カーブを超えてその相手が走って出てきた。

「おはようござ・・・、ん?んんん?」
挨拶をしようとすると見覚えのある顔。
e0134989_17172171.jpg

なんとなんと、シオゴンさんでした。
長者原登山口から入りトレランをしているらしい。
しかし、こんなところで会うとは。山の中で大笑いした二人でした。

平治岳の北側から登るというシオゴンさんと別れ坊がツルへ。
e0134989_17224087.jpg


法華院温泉も見える。
e0134989_17224930.jpg


テント場では沢山の宿泊者が登る用意をしていた。
e0134989_17271899.jpg


大戸越から平治岳へ直登。間もなくミヤマキリシマが出現。
e0134989_1729124.jpg


先ほど通過した坊がツルの向こうには三俣山、中岳、久住山などが見える。
e0134989_17352153.jpg


e0134989_17434639.jpg


e0134989_17435987.jpg

南峰から見る北峰の斜面は大群生地。斜面がピンクに染まっていた。青空が欲しい・・・
e0134989_17463341.jpg


e0134989_1749960.jpg


北側のルートから下山。平治の尾(ひいじの野)から平治岳を振り返る。
e0134989_1750382.jpg


ここで山メシ。賞味期限切れだったペンネを食う。
コーヒーを沸かし例の座椅子に腰掛けしばらく休んだ。
e0134989_17522929.jpg


大船林道は気持ちよかった。MTBで走れたらいいがダメなんだろうな。
e0134989_1754966.jpg


そのまま林道を歩いても帰れるが、坊がツルから流れてくる鳴子川沿いのルートに下りた。
e0134989_1814251.jpg

谷底に溜まった冷気が気持ちいい。
13時ちょうどに駐車場に戻ってきて15時に帰宅。用事に間に合ってひと安心。
[PR]

# by miyacchiism | 2013-06-09 18:04 | 登山  

九重

山で失くしたと思っていたデジカメが思わぬところから出てきました。
焦って買わなくて良かった。

山と言っても自転車使ってませんが。

e0134989_23414088.jpg


e0134989_2342033.jpg


久住山へ向かう稜線には行列が・・・
e0134989_23422479.jpg


ツアーの団体さんでした。
e0134989_23441685.jpg


花を愛で。
e0134989_234569.jpg


メシを食らい。
e0134989_23453035.jpg


中岳へ。
e0134989_23461720.jpg


次はあそこに泊まりたい。
e0134989_2347511.jpg


e0134989_2348073.jpg


この座椅子は非常に快適でした。
e0134989_23481682.jpg

[PR]

# by miyacchiism | 2012-11-12 23:49 | 登山  

宗像ラリー 2012

「とれとればいく・九州レイドシリーズ」宗像ラリーのお手伝いに参加。

今回のコースクリエイターはひだりのさん。
標高差はなくとも上りも下りも気持ちよいコースを用意されていたのですが、残念ながらこの日は朝からずっと雨模様。ドライな状況なら乗車率は高かったはずなのに、この天気が参加者を苦しめてしまったようです。

津屋崎千軒なごみでデパールを待つとれとればいかー。
e0134989_18444040.jpg


いよいよデパール。気をつけていってらっしゃい。
e0134989_18473239.jpg


PC4で。このドロ汚れはまだ序の口か。
e0134989_18511517.jpg


コースが辛かった分、表彰式はぬくぬくと出来たのが救いでしょうか。
e0134989_18552829.jpg


表彰式で参加された方の彷徨いエピソードを聞いていると、とてもうらやましくなってきた。今シーズン中に1戦だけでもいいから参加してみたいなあ。
[PR]

# by miyacchiism | 2012-01-23 20:53 | 自転車