フクサヤカップ

福津市の恋の浦ガーデンで開催されたフクサヤカップに行ってきました。

ここに来るのは何年ぶりでしょうか。
以前、遊園地やスケート場があった頃は、結婚する前にヨメとデートに来たり、結婚してからも子供を連れて遊びに来たりしました。
家から近くて良い遊び場だったのですが、経営が思わしくなかったらしくいつの間にか閉鎖されてしまった場所です。その後、温泉施設としてリニューアルオープンしたのですが、それもうまくいかなかったようで・・・

とまぁ、そんな思い出のある場所でMTBに乗るチャンスが来るとは誰が予想したでしょう。(大げさな・・・)
これを逃してはこんな機会は次いつあるか分からない。
そんな思いでたなてつさんにエントリーをお願いしたのでありました。

今回のレース主催者はMTBプロレーサー、山田大五朗選手。
彼をサポートするカステラで有名な福砂屋が協賛しているので「フクサヤカップ」と銘打たれてるわけですね。年々、このレースのファンが増えてるそうですが、僕は今回が初めての参加。どんな大会なのか走る前から非常にワクワクしてます。

エントリーを済ませて荷物置き場を確保したところでosaruさん発見。
挨拶を済ませ、お互いの健闘を祈ります。
ひだりのさんもお子さんと奥さまを連れて観戦に来られてました。

e0134989_18564685.jpg


MTBレース前にクリテリウム予選があったのでチラッと見てきましたが皆さん速い!
このクリテリウムとMTBレースを掛け持ちするツワモノがいるのもまた驚きです。
クリテ予選が行われている間、FUJIがMTBの試乗車を持ってきていたので試乗させてもらいました。カーボンフレームのクロカンレーサーでしたが、これがまた軽いこと!フレーム単体で1050gだそうです。これだと山での担ぎも楽だろうなぁと思うのは何か思考が間違ってる?

と、ここにダイゴロー選手登場。
FUJIの人に話をしにに来たようですが、行きがかり上、なんとなく僕も混ざって少し話をさせてもらいました。聞くと彼は大会の準備に追われて徹夜明けのようです。そんなところ申し訳ないと思いつつ、撮影をお願いすると快くOKしてくれました。

e0134989_2014730.jpg


いよいよMTBレースのスタートも近づいてきたところでウォーミングアップを始めます。
ところが、アップ途中にアスファルト路面で転倒!後で気付いたのですがエアが1気圧しか入っていなかったことが原因でコーナリング時にタイヤがねじれてしまったようです。
レーパンに穴が開き、パンツの下は結構なスリむけ方で血が滲んでました。
汚い足見せてすいません。

e0134989_20141350.jpg


間もなく、MTBレースがスタートしました。
僕らがエントリーしてるのはソロハード(ハードテイルの意ではなくイージー/ハードのハード)部門です。この大会は時間耐久ではなく30kmを走りぬいて順位を決める方式らしいです。
コースはインナーローを使う落葉が積もる激坂あり、シングルトラックの激下りありの非常にクロカンレースらしいレイアウトでした。これまたきついけど楽しい。その表現がぴたりと当てはまります。

e0134989_21291590.jpg

[撮影:ひだりのさん]

最後の2周は足を攣らせながらの走行でしたが、どうにか完走できました。
たなてつさんもパンクがあったようですが、素早い修理でレースに復帰し無事完走。
順位の結果が出るまで、シャワーを浴びたりクリテ決勝を見て過ごします。

e0134989_20392189.jpg


クリテリウムの優勝は日ごろお世話になっているフリーライド古賀店の日隈氏でした。
さすがはフランスで鍛えた脚です。イケメンの彼ですがいつもより更にカッコよく見えました。

全ての競技を終えて、ダイゴロー選手によるジャンケン大会が始まりました。
残念ながら僕もたなてつさんもジャンケンが弱すぎて賞品にはありつけず・・・orz

e0134989_20574990.jpg


表彰式まで時間がかかりそうだったので順位を見て帰ることにしました。
僕は部門中13位(修正しました)という結果でした。この部門には50人くらい参加されてたようです。結構やれたと思う気持ちと、もう少しやれたはずと思う気持ちが半々でした。

初参加の大会でしたが、カステラやぜんざいを食べれたり、喫茶店の出張ブースが出す本格コーヒーが飲み放題だったりと大満足の一日でした。出来ればまた来年、この大会でここを走ってみたいと思いつつ帰途につきました。
[PR]

by miyacchiism | 2008-11-16 21:07 | 自転車  

<< タイムスリップ 里山ライド >>