2009年 01月 18日 ( 1 )

 

無事故祈念

日曜は降水確率が高めの予報だったので、土曜日に近所をポタリング。
軽装備で家を出ると、すぐに湿り始めたアスファルトが発する独特な匂い。
予報はあくまでも予報か。アテになんないなぁ。しっかりしろ良純。

バス停や店の軒先で雨宿りしながら、少しずつ歩を進める。
この季節、濡れるのはツライので、雨が強くなるようなら即座に引き返すつもりで走り続ける。
どこに行こうか。全くのノープランで家を出てきた。
3回目の雨宿りのときに家内から携帯電話に着信アリ。

「仕事用の電話が鳴ってたよ」

ショック。今持ってる電話のことではない。
今日は仕事はないと思って、家に置いてきた携帯電話が鳴ったらしい。
戻るまで放っておこうと思っても、気になり始めると止まらなくなる性分。
小雨も降ってることだし、諦めて帰宅することにする。

帰宅後、電話に残された伝言を聞いてみると、社内連絡のどうでもいい内容。
あぁ、損した。しかも雨も止んで晴れ間が見え始めた。
今度は仕事用の電話をポケットに突っ込んで再び家を出る。

気の向くままに向かったのは宮地嶽神社。
わずかなお賽銭の割には、お願いはたっぷりと。
お参りを済ませ、替えたばかりの携帯電話で撮影してみる。
e0134989_18371246.jpg


割と綺麗に写せますね。これまでのものはボロすぎたのか、使い物にならなかった。
さて、ここからどこに行くか。少し考えた後、行ったことのない近くの山に登ってみることに。
e0134989_1912820.jpg


e0134989_1933995.jpg


e0134989_1935124.jpg


予想以上な登山道にワクワク。それとは逆に担いで登った頂上からの眺望は期待はずれ。
あたりを見回すと登ってきたルートとは違う方向に藪に埋もれかけたシングルトラック発見。
まるで「おいでおいで」をしているようです。
e0134989_2064351.jpg


とりあえず調査に入るものの、100mほど入ったところでSTは崖に断ち切られていた。
仕方なく登って来る途中に見つけた別ルートで下ってみることにする。
e0134989_21284925.jpg


こちらもウハウハなルートでした。まさか自転車禁止ではないですよね?
知ってる方、いらっしゃったらこっそり教えてください。

麓に降りて、別の迷い道を楽しむ。
ここは!と思ったシングルトラックは罠を仕掛けるための猟師さんの道でした。
e0134989_21332992.jpg


e0134989_2137147.jpg


急に怖くなってそそくさと引き返し、東郷公園に登って帰宅することに。
そしてまた前転。なかなか上手くなりません。
[PR]

by miyacchiism | 2009-01-18 21:39 | 自転車