2009年 04月 06日 ( 1 )

 

宗像ラリー

九州レイドシリーズの最終戦、宗像ラリーのお手伝いに行ってきました。
今回のコースクリエイターはひだりのさん。地元の里山をうまく繋いでコースを設定。
阿蘇のようにドカンと登ってドカンと下るコースではないのですが、意外と皆さんを苦しめたようです。

ラリーとは関係ない話ですが、ブリーフィングまでの空き時間にmoabさんのロードバイクに試乗させてもらうことに。初めてロードに乗ってみると、その転がりの良さにびっくり。MTBにスリックを履かせたのとは全然違います。「ロードは風になれる」と、ひだりのさんが言っていましたが、その感覚が少しだけわかった気がします。まずい、まずいぞ。また物欲との戦いが始まりそう・・・

定刻、ひだりのさんと舘ミチさんによるブリーフィング開始。
小さなヒントを聞き漏らすまいと皆さん真剣です。
13名のエントリーでしたが、残念ながら二田さんが家庭の用事でDNS。
それでもブリーフィングにはしっかり参加されていたのには驚きました。
腰痛でお休みしてたn先生もようやく復帰戦。
e0134989_19175984.jpg


参道の鳥居をくぐってデパール。皆さん気をつけてね~。
e0134989_19205182.jpg


皆さんを見送った後、僕とひだりのさんは車でPC3に向かいます。
到着後、ひだりのさんは危険箇所の注意喚起をするため、歩いてシングルトラックへ。
そこから最初に降りてきたのはハヤカワさん。
3人のトップ集団で正規とは違う道に入り込んだそうですが、途中で気付いて正規ルートに復帰したそう。
次は少し遅れてなべでっちさん。トップとの差を確認してすぐに駆け出します。
次は・・・誰だったっけ。チェックシートが手元にないので分からず。すいません。

続々と皆さんが降りてきました。ここではまだそんなに差は開いていません。
e0134989_19344170.jpg


e0134989_19345748.jpg


e0134989_1935836.jpg


e0134989_19351914.jpg


e0134989_19352857.jpg


皆さんが通過したのを確認してPC5に移動します。
今回は腰痛のためスタッフで参加したシオゴンさんに聞くと、現在までここを通過したのはハヤカワさんだけとのこと。間もなく、担ぎ王の異名を取るノグティさんが下山。しばらくして、おかもとさんも降りてきました。「なべでっちさんが上で迷ってます」と嬉しそう。

しかし、QPの答えを忘てるようで焦りまくっているご様子。なんとか思い出して無事にクリア。
e0134989_213218.jpg


後続が来ないので、ひだりさんにここのチェックを任せ僕はMTBで登ってみることにします。恐らく正規ルートの枝尾根が見つからず、皆さん迷ってるんだろうな。竹林にMTBを置き、上に向かって「アホー!」と叫びながら歩いてどんどん登ります。

しかし、なぜだか誰とも会いません。皆さんどこ行ったの?
主尾根まで登ると、ようやく道らしきものが現れてきました。
ルートを逆走して行きますが、やはり誰とも出くわさず。
確認のためにひだりのさんに電話を入れてみます。すると「7人通過」との返事。
あれれ?おかしいなあ。道を間違えてるのは僕なのか?とにかく戻らないと時間的にまずい。
踵を返して来た道を戻ります。そして・・・なんとロスト。

完全に迷いました。登ってきた枝尾根が分かりません。
ウソでしょ?主尾根を何度も行ったり来たりと思わぬところでトレラン状態。
大した高さの山ではないけど、ここで地図もコンパスもないのはちょっと焦る。
どこかで読んだ、最も多い遭難は300m以下の低山登山であるというのを思い出した。
スタッフが捜索対象かよ。そんな前代未聞の汚点は残したくない。
2本ほど尾根を間違って降りたりしながら、ようやく見覚えのある正規ルートに復帰。
これじゃ皆さんも迷うはずです。すっごく薄い道でした。
MTBも拾ってPC5へ戻ると、ちょうど全員が通過したところ。危ない危ない。
車にMTBを積み、ひだりのさんとPC6へと向かいます。

PC6ではスタッフのmoabさん、TOKOさんに加えて、ひだりのさんの奥さまがお子さんを連れて待っていました。ここで皆さんへの補給食をちょっとつまみ食い。奥さま手作りのサーターアンダギーとM茸さん差し入れの筍が美味いこと!余計なトレランで腹減ってたのでバクバク食ってしまいました。食うのに夢中でここでの写真撮影を忘れる始末。ほんとすいません。

全員通過を確認後、片付けをしてアリベ地点へ戻ります。
用事のあるmoabさんとはここでお別れ。お疲れ様でした~。

シオゴンさんが待つアリベ地点へ戻ると、結構参加者も戻って来られてます。
アリベした後のこのまったりとした空気がまたいいんですよね。
e0134989_22121618.jpg


全員無事に戻ったところで表彰式です。
e0134989_22151345.jpg


EXバイカー賞はハヤカワさん。地図読みしながら驚異の走行時間。僕は道知ってても勝てません。
e0134989_2216167.jpg


ソリッドバイカー賞は担ぎ王、ノグティさん。担ぎ区間はあまりなかったのに早かったです。
e0134989_22182669.jpg


ブービー賞は・・・枝尾根を見つけられずPC5で指定方向外の1時間ペナを受けたなべでっちさん。
賞品の津屋崎人形のモマ笛を吹き、「山でこの音が聞こえたら探しに来て」とのコメントに爆笑。
e0134989_22232398.jpg


敢闘賞はツーリングクラスに初参加のtakumaさん。
ロードで鍛えた脚でミチさんを何度もチギったそうです。
e0134989_22334889.jpg


初めてのとれとれスタッフでしたが、順位の入れ替わりがつぶさに見れて楽しかったです。
恐らく、やらかした方も多いはず。皆さんのレポートも楽しみです。
[PR]

by miyacchiism | 2009-04-06 23:14 | 自転車