カテゴリ:自転車( 55 )

 

あわわ・・・

トラックバックを消そうとして、間違えて記事を削除してしまいました(ーー;)
コメントくださった皆様、申し訳ないです。後ほど画像だけでもアップ致します。

------ 後ほど -------

というわけで、画像だけです。ほんとすいません。
削除前と同じでは面白くないので少し変えました。

e0134989_2271213.jpg


e0134989_2272168.jpg


e0134989_2272992.jpg


e0134989_22738100.jpg


e0134989_2275076.jpg


e0134989_228076.jpg


e0134989_228975.jpg


e0134989_2281714.jpg


e0134989_2282817.jpg


e0134989_2283766.jpg


e0134989_2284555.jpg

[PR]

by miyacchiism | 2008-12-20 19:35 | 自転車  

タイムスリップ

今月号の雑誌を買いましたよ。

e0134989_20392540.jpg


え?表紙が違うじゃないか?さすが、お鋭い。

e0134989_2040666.jpg


実は1994年の雑誌です。
ある本を探しに入った古本屋でウロウロしてて見つけました。
目的の本は無かったのですが、それを忘れるくらい嬉しい発見でした。
諸先輩方には懐かしい記事やバイクも、この時代に自転車と全く無縁の生活を
送っていた僕には全てが新鮮です。

e0134989_21131832.jpg


本の価格は現在と殆ど同じなんですね。
違うのは中身の構成。
MTB関連の記事が今よりもずっと多い。
広告に至ってはロードバイクのそれをかなり上回ってます。
これは今と逆ですよね。こういう時代だったのかなぁ。

e0134989_21224857.jpg


広告を見るのは面白いです。知らないメーカーもかなりありました。
国内メーカーもこの頃は頑張っていたんですね。
ミズノのカーボンフレームなんかもあってちょっとびっくりです。

裏表紙はロゴも今とは違うあのメーカーの広告。

e0134989_21271697.jpg

[PR]

by miyacchiism | 2008-12-11 21:45 | 自転車  

フクサヤカップ

福津市の恋の浦ガーデンで開催されたフクサヤカップに行ってきました。

ここに来るのは何年ぶりでしょうか。
以前、遊園地やスケート場があった頃は、結婚する前にヨメとデートに来たり、結婚してからも子供を連れて遊びに来たりしました。
家から近くて良い遊び場だったのですが、経営が思わしくなかったらしくいつの間にか閉鎖されてしまった場所です。その後、温泉施設としてリニューアルオープンしたのですが、それもうまくいかなかったようで・・・

とまぁ、そんな思い出のある場所でMTBに乗るチャンスが来るとは誰が予想したでしょう。(大げさな・・・)
これを逃してはこんな機会は次いつあるか分からない。
そんな思いでたなてつさんにエントリーをお願いしたのでありました。

今回のレース主催者はMTBプロレーサー、山田大五朗選手。
彼をサポートするカステラで有名な福砂屋が協賛しているので「フクサヤカップ」と銘打たれてるわけですね。年々、このレースのファンが増えてるそうですが、僕は今回が初めての参加。どんな大会なのか走る前から非常にワクワクしてます。

エントリーを済ませて荷物置き場を確保したところでosaruさん発見。
挨拶を済ませ、お互いの健闘を祈ります。
ひだりのさんもお子さんと奥さまを連れて観戦に来られてました。

e0134989_18564685.jpg


MTBレース前にクリテリウム予選があったのでチラッと見てきましたが皆さん速い!
このクリテリウムとMTBレースを掛け持ちするツワモノがいるのもまた驚きです。
クリテ予選が行われている間、FUJIがMTBの試乗車を持ってきていたので試乗させてもらいました。カーボンフレームのクロカンレーサーでしたが、これがまた軽いこと!フレーム単体で1050gだそうです。これだと山での担ぎも楽だろうなぁと思うのは何か思考が間違ってる?

と、ここにダイゴロー選手登場。
FUJIの人に話をしにに来たようですが、行きがかり上、なんとなく僕も混ざって少し話をさせてもらいました。聞くと彼は大会の準備に追われて徹夜明けのようです。そんなところ申し訳ないと思いつつ、撮影をお願いすると快くOKしてくれました。

e0134989_2014730.jpg


いよいよMTBレースのスタートも近づいてきたところでウォーミングアップを始めます。
ところが、アップ途中にアスファルト路面で転倒!後で気付いたのですがエアが1気圧しか入っていなかったことが原因でコーナリング時にタイヤがねじれてしまったようです。
レーパンに穴が開き、パンツの下は結構なスリむけ方で血が滲んでました。
汚い足見せてすいません。

e0134989_20141350.jpg


間もなく、MTBレースがスタートしました。
僕らがエントリーしてるのはソロハード(ハードテイルの意ではなくイージー/ハードのハード)部門です。この大会は時間耐久ではなく30kmを走りぬいて順位を決める方式らしいです。
コースはインナーローを使う落葉が積もる激坂あり、シングルトラックの激下りありの非常にクロカンレースらしいレイアウトでした。これまたきついけど楽しい。その表現がぴたりと当てはまります。

e0134989_21291590.jpg

[撮影:ひだりのさん]

最後の2周は足を攣らせながらの走行でしたが、どうにか完走できました。
たなてつさんもパンクがあったようですが、素早い修理でレースに復帰し無事完走。
順位の結果が出るまで、シャワーを浴びたりクリテ決勝を見て過ごします。

e0134989_20392189.jpg


クリテリウムの優勝は日ごろお世話になっているフリーライド古賀店の日隈氏でした。
さすがはフランスで鍛えた脚です。イケメンの彼ですがいつもより更にカッコよく見えました。

全ての競技を終えて、ダイゴロー選手によるジャンケン大会が始まりました。
残念ながら僕もたなてつさんもジャンケンが弱すぎて賞品にはありつけず・・・orz

e0134989_20574990.jpg


表彰式まで時間がかかりそうだったので順位を見て帰ることにしました。
僕は部門中13位(修正しました)という結果でした。この部門には50人くらい参加されてたようです。結構やれたと思う気持ちと、もう少しやれたはずと思う気持ちが半々でした。

初参加の大会でしたが、カステラやぜんざいを食べれたり、喫茶店の出張ブースが出す本格コーヒーが飲み放題だったりと大満足の一日でした。出来ればまた来年、この大会でここを走ってみたいと思いつつ帰途につきました。
[PR]

by miyacchiism | 2008-11-16 21:07 | 自転車  

里山ライド

ひだりのさんのガイドで里山のトレイルを繋げながら走ってきました。
今回、初顔合わせのmoabさんと、いつものテツさんもご一緒。

これまでに何度か走ってるコースに数箇所のポイントを加えて、3時間少々のライドです。
しかし、水分補給程度の小休止のみで走り続けたので、時間の割には結構ハードな内容となりました。途中、moabさんのバーエンドがツルをひっかけて芋が掘れてきたのには全員大笑い。

ぜひ味見してほしかった。
e0134989_21291359.jpg


他の画像はコースが暗くて失敗ばかりでした。
e0134989_21304184.jpg


e0134989_21305756.jpg


e0134989_21311938.jpg


次回は朝から行って未知のルートを開拓したいですね。
[PR]

by miyacchiism | 2008-11-04 21:50 | 自転車  

KTTC走行会

今年も熊本で開催されたKTTCの走行会に行ってきました。
阿蘇外輪山の牧場にKTTC有志の方たちがコースを作成し、2時間耐久レースという形を取っている走行会です。

昨年はテツさん、よっそう君、僕の3人でチーム参加し、予想外の部門別優勝という快挙?を成し遂げましたが、今回は昨年よりもコースが易しいとの事前情報により、それぞれソロでエントリーしてみました。2時間とは言え、果たして全員無事完走できるのでしょうか。

当日を迎え、よっそう君の寝坊というハプニングもありましたが、どうにか遅刻せずに現地到着。
ここで来場者の誘導をしていた、赤が好きさんと初対面です。写真で見るとおり、笑顔が優しそうなナイスガイでした。
挨拶を交わし、バイクを降ろしてエントリーを済ませます。すぐに試走して今回のコースを観察です。試走では阿蘇の雄大な景色を見ながら走ることが出来ますが、本番ではおそらくそんな余裕はないでしょう。試走とライダーズミーティングを終えた後、間もなくスタートしました。

e0134989_23381522.jpg


序盤は体が重たくてうまくクランクを回せませんでしたが、3ラップ目くらいからは快調にペースを上げていくことが出来ました。少しはコソ練の成果が出たようです。しかし、このコースは確かに前回よりも安全で易しいのは間違いないのですが、コースの全域がダートであり、斜度がなくてもフラットなラインは皆無で、細かい凸凹が体に負荷を与え続けます。中盤からは腰が痛くなり、上りはほとんどダンシング(というより、腰を伸ばした立ちコギ)でクリアしていきました。

[画像追加 撮影:赤が好きさん]
e0134989_19341484.jpg


[画像追加 撮影:赤が好きさん]
e0134989_19344115.jpg


[画像追加 撮影:赤が好きさん]
e0134989_1935347.jpg


苦しみながらもどうにか2時間が経過し、全員無事完走。
皆さん、お疲れ様でした。
e0134989_23504975.jpg


間もなく表彰式が始まりました。
何周走れたか、順位はどのくらいか、ワクワクする瞬間です。
ところが、コンピュータのダウンにより、記録データがすべて消失とのアナウンス。
手弁当、手作りのレースですから、こういうこともあります。
記録よりも記憶に残ったレースということで、スタッフの皆さんが苦労して作ったコースを走らせてもらったことに感謝です。

昼食を取った後は、トライアルのプロライダー、NAOさんたちのデモンストレーションと講習会が始まりました。
講習会はクロカンでも役に立つトライアルテクニックの伝授です。
ホッピングによる走行ラインの変更や、上りで後輪を滑らせないためのペダリング、木の根っこを安全にクリアするときのテクニックなどを教えてもらいました。
しかし、よっそう君のバイクを使って軽々とバニーホップを決めたのにはびっくりです。
トラ車でなくても飛べるんだ。ちょっと練習する気持ちが高まりました。

帰りは恒例の温泉めぐり。
今回はコンビニの店員さんに教えてもらった七福温泉です。なんと入浴料100円。
ちょっと熱めの僕好みの湯加減でした。
e0134989_0154788.jpg


その後、よっそう君お勧めのきつねうどんを食べに行きます。
九州で一番美味い!(かもしれない)らしいです。
e0134989_017238.jpg


確かに美味かったです。一番かどうかは僕には判断つきませんが・・・
e0134989_0181652.jpg

[PR]

by miyacchiism | 2008-10-20 00:34 | 自転車  

自転車さんぽ

福津市で行われた「自転車さんぽTHT26」に参加してきました。
THTとはトレジャーハントツーリングの略らしく、市内に設定された26箇所のトレジャーポイントのうち、任意の8箇所以上を回って各ポイントのなぞなぞの答えを見つけてくるという遊びだそうです。訪問者の少ないポイントほど得点が高いらしく、提出するポイントが勝負を分けるようです。すごくざっくり言うと、自転車を使ったオリエンテーリングといった感じでしょうか。

9時すぎに集合場所へ行き受付を済ますと、ひだりのさんもすぐに来ました。
勝手が分からないところで知ってる顔を見ると少しほっとしますね。
間もなく、コースセッターであるn教授のブリーフィングが始まり、ルールと注意事項が発表されます。
e0134989_2158675.jpg


参加人数は30~40人といったところでしょうか。ロードバイクあり、MTBあり、ミニベロあり、ママチャリありで和気あいあいとした感じです。今回はただ脚力を競うレースとは違うので誰にでも勝ち目はあるということです。

ひだりのさんは女性陣と一緒に走るようです。楽しそうでいいなぁ。
e0134989_21585217.jpg


いよいよスタート。
e0134989_21593177.jpg


見ていると左手に走っていかれる方が多いような気がしたので、最後尾からスタートした僕はなんとなく右手に向かって走っていきます。ええ、全くのノープランでございます。
まず向かったのは宮地嶽神社。ここの問題はしめ縄の重量でした。「5トン」
e0134989_2224691.jpg


次のトレジャーポイント。ここにない造りは?答えは「数寄屋造り」
e0134989_2242226.jpg


ここからダートを下って、池の名前を探しに行きます。あー、だんだんおもろくなってきたぞ。
次のこのポイントを見つけるのに少し時間を取られました。答えは「水色」
e0134989_2245558.jpg


次はここ。答えは「9本」
e0134989_228790.jpg


「1.7m」
e0134989_2283846.jpg


「大正7年」
e0134989_2291917.jpg


海釣り公園では釣り好きの血が災いして30分以上ロスしました。
見てる間にサバ、アジ、カマスが次々に釣れてきます。
じっと見ていると釣り人から「何かのイベントか?」と逆に話しかけられて、説明するのに更に時間がかかったりして。聞いてみるとすでに多くのトレジャーハンターがここに来たそうな。うーん、ここは提出ポイントから外すかな・・・。ここの答えは「太陽電池」
e0134989_2210123.jpg


トンボの数は?「9匹」
e0134989_22145779.jpg


すでに10箇所ほど回り腹もへってきてたので、ルートの途中にある「宝来軒」でラーメンを食べることに。うんうん、まさに自転車さんぽといった感じです。相変わらずラーメンは美味いし。
e0134989_22153039.jpg


お店を出るともう少し時間に余裕があったので、あと2箇所回ることにしましたが、ひとつは答えがわからずロスト。場所は分かったものの、答えの煙突が見つけられませんでした。
そのまま帰着して答えを提出。さて、どんな結果になるやら。

なんと、EXさんぽりすと賞?でしたっけ?として、一番最初に名前を呼ばれました。
完全に運だけの結果です。提出ポイントがよほど良かったんでしょう。
賞品は5kgのお米とメッセンジャーバッグでした。あのー、おれ自走で来てるんですけど・・・
あ、そのためのメッセンジャーバッグですね。なるほど。

ひだりのさんはアホで賞とやらを獲得。全てのポイントを回ったのに提出したポイントが良くなく遅刻までして減点されたそうです。なんとまぁ。
e0134989_22242975.jpg


天気も良くて、ほんとに今日はさんぽ日和でした。
よく練られたコースと設問で福津市のいいところも沢山見れました。あ、こういうことを表彰式のときに言うんだったな。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。次もあれば是非参加したいです。とかも。
最後は自宅まで重たいお米を抱えてえっちらおっちら自走で帰りました。
[PR]

by miyacchiism | 2008-10-04 22:43 | 自転車  

help me!

よっそう君から「help!」のタイトルで携帯にメールが入りました。
内容は前ハブとチェーンリングを壊したので見てほしいとのこと。

いったいなにしてたんだよ・・・
どっかから飛び降りようとでもしてたのか。
色々と想像は膨らみますが、体は大丈夫そうなので話は後からでもよさそうです。

で、こんな感じでした。
e0134989_2054086.jpg


e0134989_20541792.jpg


話を聞いてみると、夜間走行中に車道から歩道へ入ろうとした際、車止めに設置されていた高さ1mほどの石柱に激突したらしいです。直前に気付いてよけたらしいのですが、前輪の右側をかすめてチェーンリングに当たって止まったそう。アウターは完全に曲がっています。彼が言っていたハブの破損は、クイックレリーズのナットの頭が吹っ飛んでいただけでした。

内容が分かったので、交換部品を探しに古賀のフリーライドへ。
あいにく欲しかったチェーンリングとクイックは在庫がないため、注文して店内を物色することにします。リニューアルオープン前のセール中らしく、ウェアーや自転車が大幅値下げしてました。

店の奥に入っていくと・・・うぉっ!新型のコルナゴ!かっこいい~。今月号の雑誌に載ってたモデルです。トップチューブのベンド具合とシートポストのつぶしがたまりませんな。しかし、というか、もちろんこれは値下げの対象外。

結局、注文品以外にはよっそう君がジャージを1枚買っただけで退出。
帰る途中、近所のプチトレイルに彼をご案内。それなりにコースを作って遊べば楽しい場所です。二人とも童心に返ってしばらく遊んで帰宅となりました。

e0134989_20543279.jpg

[PR]

by miyacchiism | 2008-09-28 21:31 | 自転車  

遠見岳から三日月山へ

久しぶりの山サイクリングへ、ひだりのさん、テツさん、よっそう君と行ってきました。
朝8時に古賀のフリーライドで待ち合わせ、まずは古賀ダムへとひた走ります。

で、いきなり古賀ダム到着。
e0134989_22195849.jpg


ここから古賀ダムへそそぐ川を遡り、林道へと入っていきます。
e0134989_22222966.jpg


e0134989_2224953.jpg


e0134989_2224198.jpg


今回は蜘蛛の巣を避けて、ひだりのさんプロデュースによるダブトラ中心のルート設定だったんですが、画像のように開けたシングルトラックでは蜘蛛の巣もなく気持ちよく走れました。これなら夏でも問題なしですね。途中、猟師さんともすれ違ったので、さすがに一人ではちょっと怖いですけど。

再びダブトラを走って遠見岳を目指します。
e0134989_22305065.jpg


到着。汗だくの体に吹き抜ける風が気持ちいいです。
e0134989_22313635.jpg


昼までに帰宅する予定だったんですが、時間に余裕がありそうなので、一度ふもとまで降りて三日月山にも登ってみることにしました。するとなんと林道のほとんどが舗装されてるではないですか。これでは楽しみ半減です。山サイというよりも、なんとなく練習ムードが漂ってきてしまいます。

ここで僕のギアがロー側3枚くらいで歯飛びするのに気付きました。
並走していたテツさんからアドバイスを受け、走りながらレバー側のアジャストバレルでインデックス調整をすると見事に復調。先日の汗汗フェスタでラフな操作をしてたのでワイヤーが伸びてたのかな?たまにはじっくりとメンテしてあげないとダメですね。

で、三日月山にも到着。さっきまでいた遠見岳が遠くに見えます。
e0134989_22421795.jpg


汗がひいたところで、《三日月山で転倒骨折》という前科のある僕は苔の生えていた舗装路を慎重に下り、無事に下界へ辿り着きました。
帰りは開店していたフリーライドに寄ってコーラを飲んで解散。
皆さん、お疲れ様でした。
[PR]

by miyacchiism | 2008-08-31 22:49 | 自転車  

汗汗フェスタ2008

汗汗フェスタに行ってきました。
今回は、テツさん、よっそう君、僕の3人でチームエントリー。

前日の土曜日に現地入りして出来かけのコースをまずは試走してみます。
事前の案内では、1周が4,300mで高低差が93mとのこと。
e0134989_1425679.jpg


僕とよっそう君は初めて来たのですが、海を見下ろしながら走るコースに二人とも感動です。
下りはガレガレでやばそうなところが何箇所かあったので、本番ではその手前でしっかりと減速するように心がけます。

試走を終えて、予約していたビジネスホテルにチェックイン。
大会会場の千畳敷キャンプ場にテントを張っている参加者も沢山いたのですが、今回はメンバーの安眠を考えてのホテル泊まりとしました。しかし、それが裏目に出るとは・・・

皆さん、明日は頑張りましょう!カンパーイ!
e0134989_14345013.jpg


居酒屋で食事を終えて、自分の部屋に戻ったところまでは覚えていますが、酔いと疲れでいつの間にか寝てしまっていたようです。
起きたのは明け方の3時半。あれ?なんか首がおかしい・・・
寝ぼけたまま、腕をぐるぐる動かしてみます。その瞬間、首に激痛が!!
やってしまいました。どうやら完全に寝違えてしまったようです。
飲みすぎたのか、枕が合わなかったのか・・・

これはやばいぞ。明日(すでに今日)は走れるんだろうか。
痛みをこらえながら、もう一度寝ようと努力しますが焦りもあってなかなか寝付けません。
それでも少しは寝てたらしく、携帯電話のアラームで目を覚ましました。
首はどうだ?だめです。やはり痛みは収まってません。むしろひどくなってるかも・・・

とにかく宿を出て、大会会場に向かいます。
かなり時間に余裕を持たせたつもりでしたが、すでにピットエリアはほぼ埋まっており、スペースを探すのに少しだけ苦労しつつ、どうにか我々のピットの設営も完了。
e0134989_14533812.jpg


スタートまで時間もあるので、もう一度軽く試走してみることにしました。
バイクに跨ると首は余計に痛みます。特に下りでは視線を遠くを置く必要があるので、そのポジションがかなりきつかったのですが、上りで体が温まってくると少し楽に感じられるようになりました。
今回のレースで任されていたスターターを代わってもらうことも考えていたのですが、これならどうにかなりそうです。
e0134989_1522625.jpg


いよいよスタート!ミーティング時の発表では今大会は655名のエントリーらしいです。
[追記]
テツさんにスタート風景の動画を頂きました。
後で見ると参加者の多さに圧倒されそうです。前に並んでて良かった。。。


まだまだいます。


スタート直後の混乱を抜けた後は、下りで招待選手の女子プロについていきます。
前がつかえているのでプロも慎重に下っているようです。
例の激下りで何人か前の選手が転倒!あやうく巻き込まれそうになりましたが、どうにか避けることが出来ました。
しかし、その際にこちらのチェーンが外れてしまい、元に戻すのに思わぬタイムロス。
予定より大幅に遅れて次のテツさんにカードを渡します。

テツさん、すんませーん!
e0134989_15181178.jpg


よっそう、いけー!
e0134989_15223055.jpg


テクのある牛さんもいました。
e0134989_15232646.jpg

なんと彼のバイクはシングルスピード!ある意味、漢ですねー。
子供たちの応援を独り占めにしてました。

噂に聞いていた、エイドステーションのフルーツ。このおかげで生き返りました!
e0134989_15293587.jpg


周回を重ねるごとに、首の痛みを忘れタイムは短縮出来ましたが、3時間はあっという間でした。
戦い終えた相棒。帰ったらキレイにしてやるからな。
e0134989_15454023.jpg


リザルトが発表される前に会場を出たので順位は分かりません。
後日、大会HPでも発表されると思うのでそちらで調べてみたいと思います。

帰りには湯本温泉で疲れを取って帰りました。
e0134989_1556081.jpg


実はこの大会のことを知ったときは、真夏にレースやるなんてなんとおバカなと思っていたのですが、実際に走って終わってみると皆さんがリピーターになる理由が分かったような気がしました。
汗汗フェスタ、キツイぞー!でも、すっげー面白いぞー!きっとまた来年も出ます。
[PR]

by miyacchiism | 2008-08-11 16:16 | 自転車  

里山探索

またまた、ひだりのさんと宗像の山へ。

ダム湖まではいつものコースを辿り、そこから先は僕には未知のコース。
ひだりのさんも途中までは分かっているようですが、今回はルート繋ぎの旅とのことでGPSログを取りながらの走りとなりました。

池の周りを通る道。すごく気持ち良いところです。
e0134989_21232052.jpg


しばらく行くと担ぎ区間。久しぶりのジャングル行進です。
e0134989_21263347.jpg


30分ほど押したり担いだりして、ピークかと思いきや・・・
e0134989_21272725.jpg


尾根沿いに走って担ぎはまだまだ続きました。ここの両側は急峻な崖です。
e0134989_21284513.jpg


この先ではメットカムで動画を撮ったのですが、編集がまだ間に合っておりません。というよりも、やはりあの雲台は失敗でした。カメラが動いてまともに撮れておりません。お見せできるレベルにうまく編集出来ればアップしたいと思います。

初めて走った山でしたが、いくつもの分岐点があり色々と楽しめそうなところでした。ぜひまた来てルートを開拓してみたいものです。

その後は前々回走ったルートへ。笹と雑草に埋もれかけた道をメンテしてスッキリしました。
翌シーズンまでこのままで・・・と願いたいところですが無理でしょうね。

最後は舗装路でひだりのさんの練習モードに付き合いました。
いや、ホントは付き合えませんでした。まったくついていけません。
登りでチギられ、下りで追いつこうと思ったらますます離されました。
悔しいですがこれが今の実力差ですね。
うーん、僕もジテツウ始めるか?・・・
ひだりのさん、いい刺激をありがとうございました。
[PR]

by miyacchiism | 2008-03-31 21:53 | 自転車