<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

双六ラリー

前々から出てみたいと思っていたMTBのイベント、とれとればいくにようやく参加出来ました。

当日の朝、ひだりのさんと合流し、集合場所までの車中でとれとれの心得を教わります。
運転しながら、ふんふんとひだりのさんの話を聞いて分かった気になっていましたが、これが後で大間違いだったことに気付かされます。

集合場所の駐車場に着くと、すぐにn先生も到着。今回は腰を痛めているらしく不参加のご様子。代わりに愛弟子?の学生が数人出場するようです。続いてバラバラと参加者が集まってきました。全員が揃ったところでブリーフィング開始です。
e0134989_10204858.jpg


館ミチさんの丁寧なルール説明でラリーの概略はほぼ理解できました。続いて今回のコースクリエイターであるオバQさんからコース説明。説明に対する常連さんの厳しいツッコミをオバQさんが交わしながら、笑いの絶えなかったブリーフィングも終わり、デパールまでそれぞれが準備を始めます。
e0134989_10324938.jpg


僕も前夜、やっつけ仕事で作ったマップケースに、ブリーフィングで書き込んだ情報満載の地図を入れます。このケースも失敗作でした・・・
e0134989_10375568.jpg


デパール地点まで自走でリエゾン。その中にはこの人も・・・
e0134989_1044544.jpg


ダイゴロー選手。
e0134989_10442857.jpg


ラリーは初参加のようですが、XCレースと同じようにはいかないのがラリー。
脚はなくとも知識と経験で彼を上回りたいです。あ、僕も初参加でした・・・

いよいよデパール。エントリー順を逆さまにコールされて出走していきます。
僕は5番目くらいだったかな?いきなりの急勾配でアップどころではありません。
そこを異次元のスピードでダイゴロー選手が追い抜いていきます。
確か彼は僕より10番手くらい後ろだったはず。いきなりプロの力を見せつけられました。

ガシガシとコイで坂のピーク地点にある分岐からシングルトラックに入ります。舗装路を行き過ぎて戻ってくる方もちらほら。なるほど、こういうことで順位が入れ替わるわけですね。頭に叩き込みます。

STを下り始めて、ひだりのさんも追いついてきます。負けませんよ~!
間もなくPC1のクイズポイントのはず。横目でママチャリを見つけて色を確認します。
舗装路に出る前の分岐でひだりのさんが迷っていました。地図を確認しているとPC1をスルーしてきてしまったことに気付いたようです。慌ててバイクを置いて駆け上るひだりのさん。合掌。

ここからはしばらく一人旅になりました。
そこで僕を襲うショックな出来事が!マップを確認しようとするとコンパスがありません。
どうやらさっきのSTでケースの隙間から落としてしまったようです。
この先コンパスなしでどうすんだよ。大丈夫かおれ・・・

PC2までは問題なく到達しオバQさんのチェックを受けます。現在6番手。先頭とは6分差らしい。
さらにダートを登った後、PC3まで150mくらいの高低差がある強烈な登りを延々と担ぎあげます。PC3からは太陽の位置を方角の支えに地図を読み、押したり、担いだり、来た道を戻ったり、崖を転げ落ちたりしながらどうにかELポイントのPC5に到着しました。
e0134989_1134441.jpg


オバQさんとn先生の隣にはなにやらバイクをイジってる方が。
e0134989_11361485.jpg


なんと、リヤディレイラーをふっ飛ばしていらっしゃいました。
実はこの方、京都から参加の2007年度白馬24時間XCレースのソロ部門で優勝された森崎さんでした。この後、チェーンを切り詰めて変速なしで走りきるつもりのようです。僕にはとてもマネできません。
e0134989_11455992.jpg


補給食にバナナと生キャラメルを頂いて次のPCを目指します。
石畳の坂を上りPC6のクイズポイントへ。思わず笑ってしまう答えでした。オバQさんナイスです。
e0134989_11571433.jpg


前後には誰もいません。ここでペースを上げたいところですが、市街地に出てからPC7までのルートで相当に迷いました。コンパスがないので、高圧線を目標にしたいのですが、走れば走るほど高圧線から遠ざかります。朝、車中でひだりのさんから聞いた心得のひとつが全く役に立っていません。「市街地に注意せよ」

遠くにとれとればいかーらしき影を見つけて、大急ぎでそちらへ駆けつけます。
坂を登っていくとようやく見つけました。PC7です。気付くとすぐうしろにひだりのさんの姿も。
補給食にがっつく参加者たちの図。鴨の燻製はサイコーに旨かった。
e0134989_1281193.jpg


皆さんが休憩の間、抜け駆けしようとすると後ろからこの方が追ってきます。
e0134989_12192659.jpg


ひだりのさんでした。さらに100mほどの高さを担ぎます。距離ではなく高さですよ。念のため。
e0134989_12215361.jpg


天気もよく頂上からは素晴らしい景色を楽しめました。
e0134989_1222526.jpg


PC8のクイズポイントをチェックして、最後は気持ちの良い下りを楽しんでアリベです。
全員が帰ってくるまで、スープを飲んだり、補給食の残りを食べたりしながらまったりと過ごします。
e0134989_12475718.jpg


ダイゴロー選手も戻っていました。途中、全然顔も見なかったけどどこ走ってたの?
彼の珍道中は爆笑ものでした。ルートをロストした上にショートカットして指定方向外というペナルティを受け、取り戻そうとして突っ走り更にロストしてしまったようです。脚がありすぎるのも考えものですな~。いっひっひ。
最後の女子学生が拍手で迎えられ、全員無事に帰ってきました。よかったよかった。

表彰式では上位入賞者に続いて、新人賞として僕の名前が呼ばれました。
この歳で新人賞とはちょっと恥ずかしい気持ちでしたが、もらえるものはありがたく頂きます。はい。
入賞者のスピーチでコンパスを失くしたことをしゃべったら、拾った方から届けられていました。
これもまたラッキーです。拾って下さった方、ありがとうございました。

市街地以外では大きく迷わなかったのは奇跡に近いですね。割ととれとれの才能あるのか?
逆にコンパスがないことで、慎重に地図を読んだのが功を奏したのかもしれません。
XCレースとは全く違うキツさと楽しさ。これもハマってしまいそうな予感です。
[PR]

by miyacchiism | 2008-12-29 13:32 | 自転車  

姉さん、事件です

ひだりのご夫妻との待ち合わせ時刻まであと40分。
アップがてら東郷公園に登ってみるか。

先日ブレーキレバーを交換したので、そのシェイクダウンも兼ねて走ってみました。
今回もシフター一体型のタイプですが、シフトフィールは絶妙!
前作よりはるかに短いストロークでシフトチェンジが決まります。
例えるなら、フェ○ーリのパドルシフトといったところか。乗ったことないけど。
まぁ、シフターがフェ○ーリだとしてもエンジンが軽自動車ですから、トータル性能は殆ど変わってません。

問題はブレーキ。フロントは問題なし。
リアのタッチがやや甘いのです。エア抜きが不十分だったか?
面倒だったので、キャリパーやホースをフレームにつけたまま作業したのがまずかったのかも。
日曜のとれとれラリーまでにどうにかしたいところです。

東郷公園からの下り。この撮影直後に階段で刺さって前転しました。。。
e0134989_1815537.jpg


落葉のじゅうたんのおかげで人車ともにダメージゼロ。
そのまま下り続けて海岸に出ました。
そこではフルサイズ機のデジ一眼に望遠をつけて、なにやら撮影中の方々がずらり。
e0134989_18123210.jpg


「なに撮ってるんですか?」
「○○ウ」

なんて言ったのか聞き取れなかったんですが、どうやら海鵜の仲間のようです。
話を聞いてみると他にも珍しいカモの仲間が見れたりして、ここは格好の撮影スポットとのこと。
更におじさんの一人が鳥図鑑まで持ち出して説明してくれ始めました。

(ま、まずい。ひだりのさんとの待ち合わせ時刻まであと5分)

「人と待ち合わせてるのですみません!ありがとうございました!」
説明の切れ目の適当なタイミングを見つけてお礼を言ってお別れしました。

結局、10分の遅刻。ひだりのさん、遅れてすみませんです。
奥さまのだんさんにも初めてご挨拶。
先日のフクサヤカップでもお会いしてますが、そのときは挨拶できずに失礼しました。
ここから全員揃ってスタートです。住宅街を抜けて海岸へ。
e0134989_18191044.jpg


遠くに赤色灯がクルクル回ってるのが見えます。こんなところにパトカー?救急車?
事故か事件か。近寄ってみると・・・
e0134989_18254098.jpg


大きな海がめが打ち上げられていました。
通報者の方?と警察官が引き上げ作業をしているところでした。ご苦労様です。
死因はなんでしょう。レジ袋をクラゲと間違えて食べたとかでなければいいのですが。

そこから松林に入って、気持ちの良いアップダウンを楽しみます。
e0134989_18311095.jpg


いい絵です。仲の良いご夫婦で羨ましい。
あ、うちも仲いいですよ。一応言っとかないと・・・

e0134989_18332621.jpg


e0134989_18333435.jpg


再び海岸に出ると多くの釣り人が立ちこんで釣りをしてます。
ちょうど一人の釣り人がお腹パンパンのシーバスをかけてキャッチしたところでした。
ルアーで届く距離の海面が真っ黒。
イワシの群れです。空からは海鳥たちもそれを狙ってます。

e0134989_18334341.jpg


最後はプチトレイルにご夫妻をご案内。
だんさんもここで上り下りを練習されてました。
ひだりのさん、ナイスなジャンプです。
[PR]

by miyacchiism | 2008-12-23 18:47 | 自転車  

あわわ・・・

トラックバックを消そうとして、間違えて記事を削除してしまいました(ーー;)
コメントくださった皆様、申し訳ないです。後ほど画像だけでもアップ致します。

------ 後ほど -------

というわけで、画像だけです。ほんとすいません。
削除前と同じでは面白くないので少し変えました。

e0134989_2271213.jpg


e0134989_2272168.jpg


e0134989_2272992.jpg


e0134989_22738100.jpg


e0134989_2275076.jpg


e0134989_228076.jpg


e0134989_228975.jpg


e0134989_2281714.jpg


e0134989_2282817.jpg


e0134989_2283766.jpg


e0134989_2284555.jpg

[PR]

by miyacchiism | 2008-12-20 19:35 | 自転車  

タイムスリップ

今月号の雑誌を買いましたよ。

e0134989_20392540.jpg


え?表紙が違うじゃないか?さすが、お鋭い。

e0134989_2040666.jpg


実は1994年の雑誌です。
ある本を探しに入った古本屋でウロウロしてて見つけました。
目的の本は無かったのですが、それを忘れるくらい嬉しい発見でした。
諸先輩方には懐かしい記事やバイクも、この時代に自転車と全く無縁の生活を
送っていた僕には全てが新鮮です。

e0134989_21131832.jpg


本の価格は現在と殆ど同じなんですね。
違うのは中身の構成。
MTB関連の記事が今よりもずっと多い。
広告に至ってはロードバイクのそれをかなり上回ってます。
これは今と逆ですよね。こういう時代だったのかなぁ。

e0134989_21224857.jpg


広告を見るのは面白いです。知らないメーカーもかなりありました。
国内メーカーもこの頃は頑張っていたんですね。
ミズノのカーボンフレームなんかもあってちょっとびっくりです。

裏表紙はロゴも今とは違うあのメーカーの広告。

e0134989_21271697.jpg

[PR]

by miyacchiism | 2008-12-11 21:45 | 自転車